• HOME
  • 不動産取引及び不動産問題

不動産取引及び不動産問題

_MG_66460005.png
ここでは不動産取引についてお伝えしていきます。

土地や建物の不動産取引をめぐる紛争は、その金額の大きさ、又契約の内容も一律でないことにより大きな紛争になることが多々あります。

不動産を巡るトラブルは、多くの方が一度は経験するトラブルの1つです。


以下のような場合は、弁護士に相談下さい。

・問題を起こしてばかりの借主に出て行ってもらいたい。

・滞納している家賃を支払って出て行ってもらいたい。

・土地や建物を借主が勝手に他人に貸しているので、出て行ってもらいたい。

・賃料の値上げをしたい。

・建物の賃貸契約を結びたいが契約満了時には問題なく済ませたい。

・土地の賃貸契約を結びたいが契約満了時には問題なく済ませたい。

・土地・建物を一定期間だけ貸すが、期間満了時には確実に土地・建物を返してもらいたい。


不動産問題に関する他の記事はこちら

■不動産取引及び不動産問題 ■不動産売買契約/賃貸契約
■土地・建物の明け渡し ■オーナーの悩み解決までの流れ

 

denwa.pngのサムネール画像

解決事例

弁護士紹介

弁護士費用

相談の流れ

お問い合わせ

アクセス