病院で車いすから転倒して頭部を打ち、脳挫傷で死亡した事例

(事故と障害の内容)

 病院へ入院中であった高齢患者様(80代男性)が、病院担当者に付き添われて車いすで移動中、病院担当者のミスで患者様が車いすから転倒し、意識を失い、後日、脳挫傷でお亡くなりになりました。

(ご依頼の経緯)

 患者様が転倒して意識を失ってから、ご家族の方が、どうしてよいのか分からず、とにかく今後のことについて専門家に聞こうと思い、ご依頼がありました。

(受任後の活動)

 病院には保険が入っており、保険会社側の弁護士と交渉を行いました。

(結果)

 保険会社側弁護士と交渉の結果、病院側の責任を100%認めさせ、死亡慰謝料と葬儀代を含めて合計約2000万円で示談をしました。

 

 

個人障害に関する他の記事はこちら

>>歩行者の事故 >>オートバイ事故 >>外傷性頭部・脳損傷(高次脳機能障害)
>>転倒・転落による事故 >>建設現場での事故 >>介護施設トラブル >>医療・施術トラブル
>>遊園地・公園での事故 >>学校での事故 >>熱中症  >>暴力

 

denwa.pngのサムネール画像

解決事例

弁護士紹介

弁護士費用

相談の流れ

お問い合わせ

アクセス